池田学展「誕生」は圧倒的な筆力と密度でした!

今日は池田学展「誕生」を見に行きました。

池田さんの非常に精密なペンで描かれた、3m×4mの大作です。 製作に3年3ヶ月かかったのも納得です。 ミクロな視点から、人が蟻のように見える巨大な木の対比が凄いです。 視点を変える度に、自分の立ち位置がかわるようで、クラクラします。 それと、同時に時間も越えていきます。 絵の右下には荒れ狂う海、 左下には3.11の津波を思い出させる瓦礫の山。 それらを根っこで抱え込みながら、ずっしりと立つ老木。 そこからは、花が満開に咲き乱れている。 破壊と再生。 よくあるテーマではありますが、圧倒的な筆力と密度のため、 巨大な作品が自分の上になだれ込んでくるように思えます。 素晴らしかったです。 "ミヅマアートギャラリーでは約7年ぶりの個展となる本展の中心は、佐賀、金沢で話題をよんだ最新作《誕生》。 東京では初公開の本作は、東日本大震災をきっかけに制作された、縦3×横4メートルという大型の作品。構想は2年、制作は3年3ヶ月を費やした大作" 池田学展「誕生」 会期:2017年7月26日〜9月9日 会場:ミヅマアートギャラリー 住所:東京都新宿区市谷田町3-13神楽ビル2F 電話番号:03-3268-2500

最新記事
カテゴリー
アーカイブ
タグから検索
RSS Feed